FXの確定申告 入門

FXで課税対象になる利益とは

FXの取引で課税対象になるのは、取引で得られた利益になります。
ここでFXの利益とは、「為替差損益+スワップポイント−必要経費」が該当利益になります。
システムトレードの場合も同様です。

 

為替差損益は、FX取引で通貨を売り買いした時に発生した損益のことです。
スワップポイントは、2国間の金利差によって発生した損益になります。
必要経費は、FXの取引に使用した諸経費が該当し、主に売買手数料、振込手数料などがあります。
必要経費は特に該当範囲の規定が設けられておらず、税務署の担当者によっても判断が異なることがあります。
つまり自分がこれは必要経費だと説明できる範囲であれば含めることは可能です。しかし、度が過ぎる場合などは指摘される可能性が高まりますのでご注意ください。
あくまで常識の範囲内で必要経費を含めましょう。

 

必要経費になりうるもの

  • FXに関連する書籍代
  • 新聞代
  • パソコンの購入代
  • インターネット通信費
  • FXセミナーの受講代
  • FXセミナー参加時の交通費

 

必要経費となりうるものの領収書は保存しておく必要はありますが、確定申告の際に提出する必要はありません。
税務署から指摘が入った場合に提出できるように自宅で保管しておきましょう。