FXの確定申告 入門

FX(店頭取引)の税制・税率について

平成23年度租税特別措置法案の成立により、国内業者での店頭FXやオプション取引、店頭FX、店頭CFDなどで発生した利益はくりっく365等の取引所取引と一本化し、申告分離課税(「先物取引に係る雑所得等の課税の特例」の適用対象)となりました。
そのため、取引所取引等の売買損益とも合算できるようになり、また最大3年間の損失繰越控除を受けることが可能です。

 

税率は、所得額にかかわらず一律20%(所得税15%+住民税5%)となっていますが、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は、所得税額に対し2.1%の「復興特別所得税」が課され、税率は「20.315%」となります。

 

課税所得金額

2011年12月31日以前[総合課税(雑所得)]

2012年1月1日以降[申告分離課税]

2013年1月1日以降[申告分離課税]

195万円以下 15%

20%

 

【内訳】
・所得税15%
・住民税5%

20.315%

 

【内訳】
・所得税15%
・住民税5%
・復興特別所得税0.315%

195万円〜330万円以下 20%
330万円〜695万円以下 30%
695万円〜900万円以下 33%
900万円〜1800万円以下 43%
1800万円〜 50%