FXの確定申告 入門

FXの確定申告について

一般的に給与収入の場合は、2000万円以下の給与所得者は所得税等の税金が源泉徴収され、年末調整により精算されているので確定申告の必要はありません。
しかし、店頭FXや退職所得以外の所得が年間20万円を超えた場合は確定申告を行わなければなりません。

 

また、FXの確定申告の特徴として申告対象となる利益というのは、12月31日に保有しているポジションについては含めません。
決済をして利益が確定しているものが申告対象となります。
たとえ数年前に保有したポジションであっても、決済して利益が確定した年がその利益を申告する年になります。

 

FXの確定申告が必要チェックリスト

 

【給与所得者(会社員・アルバイト・パート)】
□ 給料による収入以外で、年間利益が合計額20万円以上(為替差益+スワップポイント)である。
※FX利益で通算できるものは、CFD、大証FX、くりっく株365、くりっく365、大証225先物、オプションなどがあります。

 

【フリーター・専業主婦の方】
□ FXの利益が20万円を超えていなくても、その他の収入と合算して年間の所得が38万円を超えている。
  (収入がFXの利益のみで年間38万円を超えていなければ、必要ありません)