FXの確定申告 入門

FXの確定申告って?

FXは利益が出た場合、確定申告をする必要があります。
しかし例外もありますので自分は確定申告する義務があるのか、事前にしっかりと確かめておきましょう!

 

一般的な確定申告とFXの確定申告について

一般的な確定申告は、1月1日〜12月31日までの1年間に得た所得額から算出された所得納税額を税務署へ申告する。これが確定申告です。
具体的には、1年間のすべての所得額から経費などを差し引いて計算されたものが所得納税額となり、これを確定申告書という書類に記入して税務署に提出します。そして、その確定した所得納税額を期限までに納税するというのが確定申告の一連の流れになります。
確定申告の受付期間は、毎年3月15日が締切となります。

 

給与収入の場合、2000万円以下の給与所得者は所得税等の税金が源泉徴収され、年末調整により精算されているので確定申告の必要はありません。
しかし、店頭FXや退職所得以外の所得が年間20万円を超えた場合は確定申告を行わなければなりません。
つまり、FXで20万円を超えると確定申告の義務が生じてしまいます。